HOME施工事例アート > ステンドグラス

施工事例

ステンドグラス

ステンドグラス1

◆ ガラス広報家 逆瀬川京子

1966年 宮崎県西諸県郡生まれ。八幡西区在住。

ガラス工房 Accenti主宰。

2児の母で、子育ての傍らガラスの美しさと制作の楽しさを伝道している。1995年に独立。門司港アート村1期生。 現在は、NHK北九州文化センター(小倉北区馬借)、ハートウェル21、グランドカルチャー(八幡西区)にて、 ステンドグラス講師も努め、住宅、店舗、商業施設などの窓装飾、ガラスアドバイザー、 デザイン、コーディネート、その他企画などを手掛けている。

ステンドグラス4

ステンドグラス7

ステンドグラス8

ステンドグラス9

ステンドグラス10

ステンドグラス11

◆常時展示

*門司港デザインハウス

  旧大阪商船ビル2F わたせせいぞう美術館隣

  ガラスアクセサリー

  吊り下げランプ

  卓上ランプ

  オーダーなど

  営業時間 10:00~17:00

  お問い合わせ先 093-331-8991 松永

 

※2012/4/6 リニューアルオープンしています。 mojidecoブランドの作品と共に高田公平氏プロデュースの店内にて販売しております。

 

◆お問合せ

NHK文化センター北九州教室:ステンドグラス   093-512-1377

ステンドグラス12

 

*とと市場内 珈琲屋 焙煎屋   

   ガラスアクセサリー

   吊り下げランプ

   卓上ランプ

   オーダーなど

   お問い合わせ先 080-4285-8178

ステンドグラス13

◆ステンドグラスの知識

 

 

◆ステンドグラスの色  
 

基本的にガラスは透明ですが、ガラスに他の金属をまぜると、さまざまな色合いを出す事が出来ます。

加える金属の量、種類、温度など さまざまな要素が微妙に絡み合い、

ステンドグラスのすてきな色合いを作り出しています、

その細やかな色の表現それを計算しつくしたうえで、ガラスアート、ステンドグラスが作られています。

 
   
◆日本における ステンドグラスの歴史  
 

日本に初めてステンドグラスが導入されたのはなんと19世紀明治の文明開化の頃だったといわれています。

オランダの美術家が横浜に赤レンガ造りの建物を立てた際に、一緒に持ち込んだという説と

長崎の天主堂にフランスから寄贈されたのが始まるとする説と二つの説があります。

いずれにせよ日本のステンドグラスはまだまだ歴史が浅いとみて良いでしょう

肝心の純日本製ステンドグラスが完成したのは、1889年明治政府の推進する技術留学ドイツ・ベルリンに留学していた

宇野澤辰雄さんが 帰国後にドイツ式ステンドグラスを完成させたのが始まりで、

1年後、小川三知氏がアメリカ式のステンドグラスを紹介しました。

現在はドイツ式(ヨーロッパ式)ステンドグラスは建築用の窓ガラスなど、大掛かりなものに重点を置き、

アメリカ式のステンドグラスは「ティファニーテクニックとともにランプやスタンド、パネルなどの

室内装飾の分野によく使われています。

 
   
◆ステンドグラスの種類と工法  
 

ステンドグラスは大まかに3種類にわけられ

一般的には色ガラスをさまざまな形に組み合わせ鉛でつないだもののことをさします。

他には、ガラスに色味を焼き付けて絵画調に仕上げたもの、

表現に美しい立体造形を描き出すものなどが大まかに使用されています。

 
   
ステンドグラス  
 

一度に巨大な絵画を完成させることは難しく、複数枚で一枚の絵画として完成させることが多い

板ガラスにさまざまな絵を描き付け、釜で焼き上げます。

加熱した際、線にゆがみなどが出ることが多く難しい技法です。

特に 一度に巨大な絵画を完成させることはさらに難しく、次に紹介するレディドグラスの手法を併用して、

複数枚で一枚の絵画として制作する事が多い。

 
   
レディドグラス  
 

一般的にステンドグラスといえばこのレディドグラスのことです。

複数に切り分けた板ガラスをH型の鉛のレールの溝にはめ込んではんだ付けし、

一枚の作品に仕上げます。そのままではガラスが安定しないので、

レールの隙間にパテ(昔はセメント)を詰め込んで固定

 
   
ティファニーテクニック  
 

レディドグラスでは、鉛のレールを使用し、大きくなりがちで、細かい細工が難しいという弱点があります。

その弱点を克服したのがティファニーテクニックと呼ばれる技法です。レールの替わりに銅のテープを使い、

はんだで接着します。この技法により、細かい表現や立体的な表現が可能になり、

ランプシェードなど幅広い分野でステンドグラスが使われるようになりました。

ただし、大きなものを作るときには使われません。

 
   
◆最後に一言  
 

現代建築と共通の美意のもとに、建築の一部として作られるステンドグラス

その場所 建築の目的 あなたの要望を思い浮かべオリジナルデザインで、ガラスの、どこをどうカットし、

どのような表情を生かすか創作しています。そして天空からの光が、日々変化する別空間へと導いてくれます。

 

                                                ガラス作家 逆瀬川京子

 

 

ステンドグラスのお問い合わせはこちら

一覧にもどる

ページTOPへ戻る
  • CONTENTS
  • Example
  • Item
  • GALD Style
  • お仕事の流れ
  • お取引について
  • サービス内容
  • よくある質問
  • Original Contents
  • ガーデンを学ぶ
  • 庭のお手入れ
  • イベント案内
  • ブログ

PHASE GALD

株式会社フェーズ・ガルデ

〒803-0272

福岡県北九州市小倉南区

長行西4-21-15

TEL 093-453-2000