インテリア工事完成

2011年5月10日|カテゴリー「建築&リノベーション
今日はハウスメーカー様の東京都浜田山展示場が

完成オープンしました。私、山口がファニチャーのデザイン設計と

製作施工まで担当させて頂きました。ぜひ御覧ください。


まずは、

■ ダイニングキッチン
DSC023283

ダイナストーンダイアンの石貼りの壁と無垢のウォールナットフロアー 材

コーディネーターのセンスの良さがわかりますね。。。
DSC023312

間接のニッチ


■リビング
DSC023352

DSC023542

ウォールナットの格子戸建具と同じく格子のAVボードも製作
DSC023512

DSC023322

黒岳 半割竹の壁

竹も防カビ加工も施している 現場での施工がすごく大変だった。。

■ 階段室
DSC023382

DSC023942

大理石 ヘンリーフォーの踏み台

ディテール・設計も大変でした。階段の下地から工場で正確に製作し

石は埼玉の石山の工場まで原石確認に行きセレクトして加工してもらった。
DSC023432

DSC023422

南部鉄仕上げの階段手摺

遠目で見るとあまり視聴されない部分にもチッサナこだわりで製作しています。

塗装も何枚も色見本製作し現場で確認し決定しています。
DSC023562

階段の途中にある大きな踊り場にベンチ

あつらえのソフアーがある ちゃんと座りやすい角度で

そして内部のクッションにもこだわって製作している。


■寝室
DSC023632
DSC023592

寝室にある 畳スペースの框や文机の製作

塗装は体に優しくオイルフィニッシュ仕上げ


■ 2F リビング
DSC023662

DSC023682
スライド扉で生活感の出るテレビを隠すことが出来る。


収納も重視している。

その他物件もインテリア施工集でご覧いただけます。



私の思い。

インテリアも全てMONOを造る時には、

使う人の喜びと 機能と DESIGNが大切だと思う。

そこに一番大切な事はディテールにこだわること!!

ディテールとは 全体の中の細かい部分。詳細 ・・・・に至るまで精巧に創る事

私達 ㈱フェーズ・ガルデ合言葉 は  ディテールにこだわること!!

私達は、 ユーザーからお金をいただいて様々な作品を造っている

言わいる 「プロだから」

プロとして納得出来ない物はお客様にお渡し出来ない。

回り道・ 失敗も有りますが。いつも全力で成功に繋げて行っています。

以上 またインテリアのレポートもアップします。

・・・ 次はまずガーデンの現場レポートします。お楽しみに。。


今回の関東物件のプロジェクトも無事成功しました。場を借りて

ご指名くださったクライアントの方々 埼玉のインテリア担当の奈良橋くん

大工さん 金物屋さん ダイナストーンの石田さんに石屋の伊藤さん

ありがとうございました。 また次回も 棒芸能人邸で頑張りましょう。 ^^。

ガーデンを訪ねて 1・ロサンゼルスの街並み

2011年5月6日|カテゴリー「素敵なガーデンを訪ねて
まずは 叔母の住むロサンゼルスから45分程度の郊外シミバレー

とても素敵なしずかで治安の良い町のです。
DSC024361

DSC024451

叔母の手作りトピアリー カエルとモミジの傘のトピアリー 少し笑えます。。



DSC024371

クロホウシ(黒法師)/サンシモン H1200程度もある巨大な物を初めて見ました。
DSC025501

DSC024421
DSC025421
気候の良いサンフランシスコ州では バナナやストレチアなど

日本では、観葉植物が普通に庭でそだっている。

そしてどこの住宅もフロントガーデンには、芝が綺麗に手入れされ

植物がたくさんで、とても美観がよい。

週に一度は、ほぼどの家もガーデナーが植裁の監理している。

素敵な街並みは、格個人邸からつくられている。

↓ロス市内の街並みスの夜景  左側のビル郡がダウンタウン
DSC024601
DSC025131-e1527573311957
↑ ダウンタウンの街で 気持よさそうに芝の上で

くつろいでいる会社員 (半分寝ぼけていた)

■ ビバリーヒルズなどアメリカの住宅街と植物
DSC026171-e1527573336158

どこのストリートも道路幅が広くそして大きな木が、街にたくさん植えてある

日本の街路樹の様には、伐採剪定していなく、自然樹形でとてもかっこよい

(日本の場合は、道路などで街路樹の剪定作業しているが・・

狭い道に 大きくなるケヤキ等ばかり植えていて、伐採され木かわいそう

後から管理費も当然掛かるのに、税金の無駄だと思うし

なぜお决まりの植裁ばかり植えるのか、意味が分からない。)

■オープンガーデンとイングリッシュカントリーの家
DSC026421
■オープンガーデンとアメリカンの家
DSC026381
DSC026391
DSC02573
DSC026241
DSC025751
DSC025531
■ ケース・スタディーハウス
DSC026231

■ クローズドガーデンスタイル


DSC026141-e1527573573773
DSC02615-e13046792623271

アイアン門扉が防犯的に設置しているが 植裁と門のデザインでまるでオープンガーデンの様にも感じさせてくれる
DSC026311-e1527573615819
DSC025441
■ 集合住宅
DSC026101
バロック様式で やはり植裁にかこまれてる きっとインテリアから見たストリートの眺めも素敵だと思う。

そして実感したことは、街・家をより良く見せる法則は、全国共通植物がすべてだと感じた。

日本の街並みも早くこんなふうにしたいと思った。

今回紹介している写真は、ほんの一例ですが、 どこまで行っても本当に素敵な家と庭の町でした。


そして 最後に  いつもフェーズには、ウサギが登場しています。

が今回はなんと 叔母の家で飼っているペット↓
DSC026051
DSC025801

ウサギと 言えば やはり カメですね・・・

でも・・・  歩くのが早い (びっくり)

呼ぶと・・・なんと来る (おどろき)

触ると・・・喜ぶ (ビビv--ときた)

またガルデの山に ペットが増えそうです。

プライベートガーデンのご紹介 №①

2011年4月27日|カテゴリー「phase privateGarden
まずは、 簡単に挨拶から

私は、山口です。 社内打合せで ブログ担当をさせられる事になりました。

誤字脱字気にせず頑張ります。(ただ単にモノ作り大好き人間です)

これからブログは、私の仕事で携わったインテリアやガーデンの紹介や

環境問題などでブログを構成して行きたいと思っています。

まずは今までの 山造り 過去・ストーリーから
DSC000631

町外れの大きな池と、緑あふれる森に出会いました。

すぐに街中のオフィースから この森へと事務所建設し引っ越して来ました。
DSC000541

事務所の下には、鷹の下池と 鷹の上池があります。

昔まだ田舎だった頃は、農地用水として使われていたようです。

大きなコイや 水鳥達がたくさんいます。
DSC000501

まだ出来立ての 新オフィースです。  実は、設計は私がしました。

色々と予算がなかったので、ほぼ手作りで サッシ・ドア・フローリングは貰い物

大工さんは、兄が、たたいてくれました。
CIMG001521

雪景色の事務所

小倉南区に来てびっくり 年に何度と ゆきがつもります。

紫川・桜橋から先は、自然が多く 山のせいか寒いです。。
CIMG00141

窓から見た 山の雪景色

その山に ただ単に私達がずーといたくなる場所

プライベートガーデンをつくり初めました。 2004年より 暇暇に 開拓開始
0aa3193db356cb25abc9a8b4ab406b7c1

11958a520336e97a0f540eb579f2d9651

a15e4ef64f5a132f10fbd0a122c80da01

P41600971

10925f3fa0127f07ba2b545a732b2b521

P31300311

2010年山造でのサプライズ ウサギとの出会い。。
PAP_01732

山での作業中 な・な・なんとうさちゃん発見(マジです)

葉っぱで 「おいで・・おいで」 すると近づいて来た。。

30分ぐらいしてゲット

その次の週またまた 寺さんが 1っぴきまた山で捕まえてきた。

そしてまた ・・・・・増   え   た

そしたら ・・・・・・・・・・・・・・・
DSC014831
め ち ゃ くち ゃ       ふ   増えた

今じゃ ウサギの為に 仕事して えさ買っています。^^;

事務所で飼っていたのですが 手に負えず急遽 ガーデン計画変更し
SH3G024111

↑ ココに ウサギ小屋をつくろうと計画

ウサギ小屋 製作

1 基礎工事
SH3G02401

どうせつくるなら しっかりと

鉄筋も 当然しっかり入っています。

2 立て方
DSC024241

外部は サイディンングで 塗壁

内部は、 珪藻土仕上げ
SH3G025111

内部は、 珪藻土仕上げと 防水塗装 下地はデラクリートセメントボード

断熱材は 壁・コンクリート内部にもしっかりいれています。
SH3G025211
床は、300角タイル貼り
SH3G024811
ウサギ用ドア製作
PAP_017011
そのころウサギは、

マイホーム現場見学中です。

「しっかり作らないと クレームが付きそうです」

完成したら ウサギの検査後アップします。

ERYの検査は・・・
P31300271
そして ウサギハウスで 時間と費用を費やし 現在2011年 ようやく形になって来ました。↑広場
P31300281
お月見デッキ

完成後は、囲炉裏も製作し打ち上げ予定

秘密の花園
P4160096
壁の塗装仕上げ後 ツタなどからませたり、花でいっぱいになる

完成後はバーベキューパーティーの予定
DSC024121

池のほとりと 山さくらデッキ

里山の山道 アプローチ
SH3G00021-e1527572591787

まだまだ 製作は、かかると思います。

完成は植物が主役で成長するため永遠にないと思いますが

製作途中と 完成1年目 2年目 7年目変わり行く 姿と風景をお伝えしていきます。