~ 新築エクステリア  家を建てる時に庭も一緒に考える ~

新築エクステリア
家の持つ雰囲気に相応しいファサードは、家を一層引き立てる効果があります。 流行に流されるのではなく、それぞれの拘りを表現しましょう。
最近は新築するときにデッキやテラスをとりあえず付ける方が多くなってきましたが、中途半端な広さのものは使い勝手が悪く、ただあるだけのものになっている方もいます。
敷地や使い方などで形や広さ、素材は変わってきます。そのように、家と一緒に庭まで考えることは、ムダを省くことに繋がるのです。
将来的なガーデン計画をすることは、大切な事なのです。
駐車スペース
車が出入りする道路の幅員や駐車台数、車種などによって決まります。お客様のスペース、屋根の有無なども考慮します。

アプローチ
道路に面した門から玄関までの道路とその周辺をアプローチといいます。お客様をお迎えする、大切な通路となります。
永い年月が経過することによって、味わい深くなる天然石やレンガなどをお勧めします。

ファサード
門柱や表札を含む道路側から見た正面のことをいいます。
家の顔になる重要な部分でもあり、バランスのとれたファサードは家をより一層引き立ててくれます。
ひとつひとつのファサードが街並みをつくっていくのです。造り方次第で、家を素敵に見せることは可能なのです。

立水栓
家を建てる時に庭を考慮して水栓の場所も考えておくと給排水工事が省けます。
車の洗車に使う、手や足を洗う、花壇に水をやるなど、使い方を考えて場所を決めましょう。

シンボルツリー・グランドカバー
木や草花は、家を引き立てるポイントに成り、温暖化防止にも貢献できる大切なアイテムです。
植物は夏の暑さを和らげてくれたり、四季を感じさせてくれます。
虫が嫌いな方、掃除が苦手な方などにも、それぞれにあった植物をご提案いたします。

デッキ・テラス
デッキやテラスは素材や広さ等、使う目的によって選ぶ必要があります。まず、誰とどのように使いたいのかを考えましょう。
中途半端な大きさは使い勝手が悪く後悔することにもなりかねません、ライフスタイルに合わせてつくる事がポイントです。

サービスヤード
屋外の家事作業の場となるスペースです。
洗濯場やゴミなど、キッチンや洗濯機、ゴミ置き場との動線を検討し、使い勝手のよい空間にすることが大切です。