シマトネリコ 半常緑樹

◆シマトネリコ 半常緑樹

シマトネリコは植え付け最初の年は環境になじむために激しく落葉することがあります。
その土地の冬の寒さになれていないために、環境になじもうと葉を落とすのです。
葉を触っただけでいとも簡単にパラパラと葉が葉腋から落ちる場合はさほど心配はありません。
春になると、葉腋のすぐ上から新芽を出します。
急激な寒さに当たると、枝先から枯れこむこともありますが、植え付けして2~3年するとその環境に慣れるので落葉も冬の寒害も抵抗がつきます。

シマトネリコの剪定適期は、11~12月、2~3月です。
剪定する枝は、見た目にバランスの悪い枝、不要な枝などです。
不要な枝が生えていないときは、自分が見て樹形を悪くしているような枝や伸ばしたくない方向の枝、短くしたい枝などを切ります。
全体のバランスを見て混み合った所を、透かすように剪定すると樹形もくずれず、安心です。

不要枝の見分け方はコチラ